刺激を避け、厚塗りしすぎない事が重要


毎日のメイクは、綺麗にクレンジングで落とさないと、毛穴に残ってしまいコメドができる原因となります。

特にファンデーションは、シミや肌のくすみを隠すカバー力の高いものが人気がありますが、肌に負担をかけてしまうものです。

敏感肌の方や、ニキビが出来やすい人にはファンデーション選びは特に注意をする必要があります。

ファンデーションは、パウダー系の方が肌には優しく、負担が少ないことが特徴です、カバー力があまりよくない為に、厚く塗ってしまうこともありますが、ニキビなどが出来やすい時には、なるべく肌に刺激の少ないメイク方法が必要です。

リキッドファンデーションは、カバー力がとてもよいのですが、毛穴の詰まりの原因となります。
アクネ菌などが発生しやすくなりますので、ニキビ予防にはリキッドを使うことはあまりお勧めではありません。

万が一、リキッドファンデーションを使う場合は、クレジング剤を使って綺麗に落とすことが必要になります。
洗顔石鹸だけでは落とせない為に、肌に刺激の少ないクレンジング剤を使用してメイクを落としましょう。

コメドはニキビの始まりの段階です。
このときに適切な処置をしないと綺麗に治すことが出来ません。

しかし、予防をすることに重点を置く事で、肌を健康に保つことができるのです。
食べ物や食生活など、肌に悪影響となることを改善しないといけません。

コメドは皮膚科でも圧出することが可能な為、無理に自分で対処するのは危険です。

コメドケア、洗顔の時の注意

毎日のスキンケアの基本は洗顔と保湿です。

正しい方法で行う事が大切ですが、間違った洗顔方法はコメドができる原因となってしまいます。

コメドができるとニキビへと悪化して治すことも大変になります。
まずは基本の洗顔についてよく理解することが重要です。

洗顔は、余分な皮脂や汚れ、メイクの残りなどを綺麗にする為に必要。
しかし洗浄力の強い洗顔料を使うと、必要な皮脂までなくなってしまいます。

皮脂が不足すると、肌が乾燥する為に、皮脂の過剰分泌になり、毛穴に皮脂が詰まる原因となるために、コメドができやすくなります。

続いて洗顔で気をつける点は、フェイスブラシを使って洗顔をすることです。
フェイスブラシの先端で肌の表面を傷つけてしまい、雑菌が繁殖したり、ダメージを与えてしまい、肌の働きが減少する場合もあります。

ファエスブラシは、毛穴の中の汚れを取る効果が高いのですが、使うときには注意が必要でしょう。
毎回清潔なブラシを使い、そして毛の柔らかいタイプがお勧めです。

通常は、洗顔料をたっぷり泡立てて、泡洗顔をすることが効果的です。
泡の粒を毛穴の中に押し込んで洗うようなイメージです。

擦りすぎると、メラニン色素が活発になり色素沈着する恐れもあります。
洗顔後は、時間をかけて綺麗にすすぎましょう。

石鹸成分が肌に残っていると、乾燥の原因となり、皮脂の分泌も増えてしまいます。
洗顔も一日2回が限度ですね。