そもそも、コメドとは何だろう?

コメドとはニキビになる一歩手前の状態をいいます。
この出来物は、顔だけでなく、体の様々な部位にもできることがあります。

そして思春期のニキビがよくできる時期だけでなく、大人になってもコメドが出来る事がありますので、その原因に応じて対策をとる事が大切ですね。

コメドからニキビに変わると、適切な方法で治療をしないと、ニキビ跡にになり肌に残ってしまいます。

クレーターのように肌の表面がでこぼこになることや、色素沈着をしてしまうことなど、なかなか治すことも出来ないのです。なので、そうなる前にコメドができないように予防をすることがとても大切ですね。

肌には色々なトラブルがありますが、ニキビは誰でも一度は経験があることだと思います。

タイプによってはニキビが出来にくいという体質で、羨ましくなる人もいますが、ホルモンのバランスなどにより、肌の状態は常に変動しています。

綺麗な肌を保つ為には、健康的な体を作ることが基本です。

そのためには、食生活や生活習慣にも注意をして、規則正しく生活をすることが重要なのです。
コメドは、毛穴に皮脂や古い角質、そして汚れなどが詰まっている状態です。

毎日のスキンケアで毛穴を綺麗に保つことが出来ますが、間違った方法を繰り返していると、肌に負担となりコメドの原因となってしまいます。

ニキビになると痛みや炎症などを起こして、とても不快な思いをしますよね。

そうなる前にコメドを圧出する方法等もあります。
簡単に綺麗にできるように日頃のケアが必要です。

コメドが体にできたときの対処法

コメドはニキビの原因となりますので、正しい方法でケアをすることが大切です。

顔だけでなく、体にもできることがありますので、その場合には適した方法で対処することが必要になります、特にお尻や背中は皮脂も分泌しやすい為に、ニキビが出来やすい事が特徴です。

しかし顔のように毎日鏡を見ることがない為に、お尻、背中に出来たコメドは、症状が悪化し、痛みがある場合や痒みがある事ではじめて気がつくのです。

早期発見する事が改善もしやすいのですが、この部分にコメドが出来てしまった場合には、第一に体を清潔に保つことが必要になります。

そして汗をかきやすいこともニキビの原因となりますので、下着なども常に清潔なものにすることが必要ですね。
綿製品の下着には吸汗性もあり、肌触りも良い為に、コメドが出来やすい時にはお勧めです。

敏感肌の方にも良い為に直接肌に触れる洋服類なども素材を注意すると良いでしょう。
入浴の際に使うボディソープにも注意する事が必要です。

ボディソープには薬用成分が配合されたものがありますので、ニキビが出来やすいときや、コメドがある時には、雑菌効果があるのでとても効果的です。

入浴後は、肌から水分が蒸発しやすい為に、すぐに保湿をすることが必要です。
時間がたってしまうと、肌の吸水力も衰えてしまいます。

ボディローションやボディクリームを使って体にニキビが出来やすい部分にはしっかり保湿をしましょう。


跡に残らならない取り方


コメドはそのままに放置してしまうと、毛穴の中でアクネ菌が繁殖してしまいます。

しかし自分で行う事はとても肌に刺激を与える為に、専用の器具を使うか、皮膚科やクリニックでやってもらう事が安心です。

コメドを無理やり自分で押し出してしまうと、肌を傷つけることになり、肌の表面が陥没したようになってしまいます。
クレーターのような跡が残ってしまうと、綺麗に戻す事はとても大変です。

スキンケアだけで元の状態に戻す事は出来ませんから、ケミカルピーリングが必要になります。

しかしコメドも炎症を起こしているような状態では無理に触ることは危険です。
そのまま安定するまで塗り薬などで炎症を抑えることが必要です。

コメドを作らない為にも毎日のスキンケアが大切になります。
ニキビ跡は化粧品で治すことは出来ませんが、予防をしながら症状を改善する効果はあります。

保湿がとても大切になりますので、自分の肌に合うスキンケア商品を使いましょう。
炎症を起こしているコメドには、薬用の化粧品も効果があります。

しかしなかには、アルコール成分の強い商品もありますので、肌に優しい低刺激のものを使うことが大切です。
デリケートな部分へ使用するならお尻ニキビ跡、自宅ケアバイブルなどを参考にしてみるといでしょう。

化粧品には香料や保存料などが含まれている為に、肌に負担となるほか、細胞の働きを抑えてしまう為に、肌の老化原因ともなります。
毎日使うスキンケア商品は、特に注意をして選ぶことが大切ですね。